トップへ » 【子供の矯正】大人の歯に全部かわってから治療しては手遅れですか?

【子供の矯正】大人の歯に全部かわってから治療しては手遅れですか?

もちろんすべて永久歯に生え換わってからでも矯正治療は問題なく行うことができます。 しかしながら、この時期におこなう矯正治療のメリットは、成長発育する力と大人の歯への生えかわりを利用しながら、あごの骨格的なバランスを整えることおよびでこぼこに生えてこないようにすきま作りをしていくことが可能であるということです。

成長が終わってしまうと骨格からの改善は難しくなるので、歯のでこぼこを治すのに、歯の移動のみで対応していくため抜歯の必要性が高くなることになります。

この時期の矯正治療をしっかり行うことで、将来的に歯を抜かないで矯正治療を行うことが出来る可能性が高くなるのです。

>>無料カウンセリングフォームへ


トップへ » 【子供の矯正】大人の歯に全部かわってから治療しては手遅れですか?


コールバック予約