«  2017年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年6月25日

矯正治療中もむし歯・歯肉炎ゼロを目指しています!

南柏かんだ矯正歯科では、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を装着する前に
むし歯リスク検査を行っています。

確かに矯正装置がつくと歯みがきは難しくなります。
その分工夫していかないとむし歯・歯肉炎になってしまう可能性は高まります。

そうならないように南柏かんだ矯正歯科では矯正治療が始まる前に
矯正治療中の歯みがきの仕方・どこに磨き残しがあるのか染め出し・今のお口の環境がむし歯になりやすいのかどうかを調べる唾液検査などを行っています。

IMG_241921ss.JPG


IMG_7579dd.JPG


またおうちでのむし歯ケアのため歯ブラシ・フロスをはじめ、フッ素入りむし歯予防ジェルやキシリトール100%のガムなどもお渡ししています。

矯正治療により歯並び・かみ合わせは良くなっても、むし歯になってしまっては喜びも半減してしまいます。
南柏かんだ矯正歯科では治療中のカリエスコントロールを徹底して行い、矯正治療中のむし歯・歯肉炎ゼロを目指します。

もちろん一番大切な事は毎食後しっかり歯みがきをして汚れを残さないことです。

そうした意識を持っていても、実際は磨きずらいところや苦手なところは皆さんあるものです。
毎回の診療では、ここはこの歯ブラシを用いるといいよーとかこんな風みがくと効率いいよーとか、よりみがきやすくなるようアドバイスやサポートをしています。
みんなでむし歯・歯肉炎ゼロを目指してガンバっていきましょう!

千葉県柏市の南柏かんだ矯正歯科のHPです。
矯正治療ついて気になる点などありましたらコチラもごらんくださいね。
http://www.kanda-kyousei.com/

2017年2月24日

2月21日から23日まで3日間、日本臨床矯正歯科医会大会が地元千葉県成田市で行われ参加してきました。

今年は私の所属する千葉支部による開催でしたので実行委員として、大会に先駆けて行われたエクスカーションでは成田山新勝寺にて御護摩祈祷体験を遠方から参加された先生方や海外から招待された先生方と一緒に行ってきました。

CIMG0599ddcc.JPG

御護摩祈祷の後、成田の名物うなぎを食べたり、入院している父に落花生をお土産に買ったりしながら翌日に控える学会に備えました。

学会では南柏かんだ矯正歯科でも普段行っておりますが、矯正治療中の歯みがきの仕方やプロフェッショナルクリーニング・指しゃぶりや舌突出壁により生じたお口の周りの筋肉の不調和を改善する口腔筋機能療法(MFT)についてなど興味深いプログラムがたくさんあり、充実した2日間でした。

またメインのシンポジウムは「学校歯科健康診断 歯列・咬合・顎関節の事後措置における地域連携を考える」というテーマでおこなわれました。
このシンポジウムのコーディネーターは東京医科歯科大学名誉教授で私の恩師の黒田敬之先生でした。私がこうして矯正医としていられるのも黒田先生のおかげです。

CIMG0622ff.JPG

学校歯科において矯正歯科専門医の役割を再確認し、地域連携協力体制の必要性を共有する一歩になる有意義なシンポジウムでした。そして何より黒田先生にお会いできたことが私によっては感慨深い一日でした。

2016年6月20日

先週日曜日、雨に降られることなく柏地域医療連携センターにて歯並び無料相談が行われ、私も参加してきました。当日は柏市民文化会館にて最後の口腔衛生大会が行われていたにもかかわらず59名の小中学生およびそのご家族の方々が来られ、我が子の歯並び・かみ合わせの状態や矯正歯科治療について熱心に訊かれていました。

CIMG01.JPG

ご家族の方からの質問として、現在の歯並びの状態はどうなのか、今後永久歯に生え変わった後の歯並びはどうなるのか、我が子は矯正治療が必要なのかどうか、矯正治療はどういう風に進めていくのか、費用はどれくらいかかるのかといったことなどが多かったです。
時代のニーズに合わせて柏歯科医師会による歯並び相談の形態もこれから変わっていくかと思いますが、市民の皆様がより気軽に相談できる場があるということは素晴らしいことだと思います。そうした市民のニーズがある限り、これからも積極的に参加していきたいと思います。

2015年11月21日

11月18-20日の3日間福岡でおこなわれた第74回日本矯正歯科学会に参加してきました。

お隣では大相撲九州場所が行われていましたが、私は講演会場やセミナー会場や学術展示会場など行ったり来たりで、大相撲鑑賞などの余裕はありませんでした。しかしぎっしりとしたそして有意義な学会でした。

中でも埋伏歯の臨床に関する講演はとても考えることの多い講演でした。

最近のお子さんはあごが小さく永久歯がすべて入りきらずにでこぼこになってしまうことが多く、その点を気にされて矯正治療を始められることが多いですが、中には生えてこなくで骨の中で留まってしまうことがあります。


最近では上あごの犬歯の萌出方向や位置の異常を認めるお子さんが以前に比べて多くなってきたように矯正治療を行っていて感じます。

0417_2014_09_14_CT.jpg


そうした犬歯の異常に気が付かないと、犬歯の萌出力によって隣の側切歯の歯根が吸収してしまい、場合によっては抜歯が必要となることがあります。

骨の中で進んでいる事なので見た目にはほとんどわかりません。唯一わかるものがパノラマX線写真と呼ばれる歯のレントゲンです。私の所属する日本臨床矯正歯科医会でも提言されていますが小学校低学年(7~9歳)くらいのうちに歯のレントゲンを撮っておくといいと思います。そうすることで埋伏歯や萌出方向の異常を未然に防ぐことができます。

前歯の生え変わりですでにでこぼこであったり、生えるすき間が明らかに足りないかなと思ったら一度レントゲンを撮ることをおすすめします。それにより抜歯など予期せぬことを回避できれば最善の対応であると思います。

千葉県柏市の南柏かんだ矯正歯科のHPです。
お子さんの永久歯の生え変わりについて気になる点などありましたらコチラもごらんくださいね。
http://www.kanda-kyousei.com/

2015年7月 8日


この8月、9月は南柏かんだ矯正歯科で歯列矯正治療を受けられている方も出産ラッシュのようです。

最近の矯正装置は目立たないので、当院では20代、30代の女性の方も多く歯列矯正治療をされています。
そのため矯正治療中の結婚という大イベントもあると思いますし、その後出産、育児を行いながらの矯正治療という時期もあるかと思います。

皆さん矯正装置をつけたまま問題なく出産されていますよ。


臨月まで通院してくださる方が多いですが、7~8か月まで通院されて実家に戻って出産に備える方もいらっしゃいます。

この時期になるといよいよお腹が大きくなってきて診療時の体勢もつらくなってくると思いますので、少し楽な姿勢で行ったり、休み休み治療を行うなど皆さんの体調にあわせた診療を行っています。

体調第一で無理そうならお休みしていいですよとお話しています。


出産後は1~2か月お休みの後矯正治療を再開される方が多いです。
母子の体調最優先で落ち着いたらまたいらしてくださいとお伝えしています。

また出産前後のお休みの間通院できなくても、お家で上の歯と下の歯に取り外しのできるゴムをかけてもらったりして矯正治療がなるべく遅れないよう工夫をしています。

出産後赤ちゃんも外出できるようになるとベビーカーで一緒に来られる方が多いです。
南柏かんだ矯正歯科の診察室は個室で広々としているのでベビーカー横づけしてお子さんのお顔をすぐ見られるようにしながら矯正治療を行っています。

9132_MKJ_kanda_ort_082514.jpg

お子さんも大きくなってくるとキッズコーナーで遊んだり、待合室でアニメのDVDをみたりしてお母さんの矯正治療の処置中過ごしています。
その間スタッフが見ていてくれるので安心して遊んでいますよ。

_DSC8844fff.JPG


家族が増えて皆さんが幸せに向って歩いている様子は私たちも幸せを分けてもらっているのであたたかい気分になりますね。


千葉県柏市の南柏かんだ矯正歯科のホームページです。
矯正治療についてご興味のある方はコチラをごらんください。
皆さんの今後の予定・希望をふまえてベストな矯正治療方針やスケジュールを一緒に考えていきましょう。
http://www.kanda-kyousei.com/

2015年6月29日

昨日は、貴重な日曜日にもかかわらず、大勢の方が第27回柏市口腔衛生大会(健康かむかむ運動)の歯並び無料矯正相談にご参加いただき ありがとうございました。

会場の開館時間の関係で限界はありましたが、昨年よりも長い時間をとっていただき少しでもいらしたお子様の歯並びの状態や矯正治療の必要性・矯正治療の流れなど詳しくお話できるよう改善されたかと思います。

それでも全てをお話する時間はありませんでしたので、具体的にどんな矯正装置を使うのかや費用や期間などもう少し詳しくお聞きになりたい方はお気軽に南柏かんだ矯正歯科の無料カウンセリングにいらしてくださいね。

これから夏休みに入っていきますので学校の休み中に矯正装置に慣れてしまうという点では歯列矯正治療を始めるにはいい時期かと思いますし、実際この時期に開始するお子様は1年を通じても多いですよ。 
  
千葉県柏市の南柏かんだ矯正歯科のHPです。
矯正治療についてご興味のある方はコチラをごらんください。
http://www.kanda-kyousei.com/

2015年2月24日

昨日、「矯正歯科医と地域歯科医とのより良い連携を図るために」という題名で柏歯科医師会にて発表をしてきました。

15.02.24.JPG


当院は矯正歯科専門になりますのでむし歯の治療や抜歯などは行っておりません。

そのためかかりつけ歯科医との連携を密にすることは重要な事でありますし、両者の連携がしっかりとれていると通院されている患者さんは安心すると思います。

また地域歯科医の先生方にとっても、矯正治療が必要かどうか、どの時期に紹介すればよいのかなど矯正歯科医に直接確認することでより良い治療や情報を患者さんに提供できると思います。

当日は多くの先生方にいらしていただき先生方の関心の高さを再確認するとともに、発表後の討論においては地域歯科医の先生方の考えや希望など聞くことができ、私にとってもとても有意義な時間を過ごすことができました。


地域歯科医の先生方とのつながりを大切にして、今後も皆さんに対してより良い治療や情報を提供することができるよう、今回準備は大変でしたが、自分の発表を通じて再認識することができたので、このような発表の機会を与えてくださった学術委員会の先生方に感謝です。

千葉県柏市の南柏かんだ矯正歯科のHPです。
矯正治療についてご興味のある方はコチラをごらんください。
http://www.kanda-kyousei.com/

2015年1月27日

「妊娠したら、矯正治療はどうなるのでしょうか? 9006_MKJ_kanda_ort_082514.jpg


先日南柏かんだ矯正歯科の無料カウンセリングにいらした30代の女性からご質問を受けました。
この方以外にも当院には20代、30代の女性の方も多くいらしておりますので同様のご質問はよく聞かれます。

実際当院でも矯正治療中の方も多くいらっしゃいますが、皆さん問題なく矯正治療を進めています。また、矯正装置をつけたままでのご出産も問題なく、出産後落ち着いたら皆さん矯正治療に復帰されています。

ただし矯正治療開始前のレントゲン写真撮影や抜歯などはできるだけ避けたほうが安心です。安定期であれば問題ないといわれますが、当院では万全を期して産婦人科担当医やかかりつけ歯科医の判断を仰いでから行うかどうか決めていきます。時期によっては出産後落ち着いてから矯正治療を始めることをおすすめすることもあります。


また妊娠中はつわりやホルモンの関係で、むし歯や歯肉炎のリスクが高まるので注意が必要です。
食後はデンタルリンスなどのうがい薬を使ってうがいをしたり、歯ブラシの頭の部分を小さいものに変えてみるなど工夫し、お口の中を清潔に保つことが必要です。

また安定期以降胎児の成長に伴い胃が圧迫されることがあります。そのため、1回の食事の量が減り、その分食事の回数が増えたり、間食が増えたりすることもあると思います。その際食後の歯みがきの仕方など注意を払う必要があります。

当院でも毎回の矯正治療の調整時にはクリーニングや歯石除去・歯みがき指導を専門の衛生士が行っておりますがこの時期は特に時間をとって注意して行っております。

妊娠後期でお腹が大きくなってくると診療時の体勢もつらくなってくると思いますので、少し楽な姿勢で行ったり、休み休み治療を行うなど皆さんの体調にあわせた診療を行っています。


千葉県柏市の南柏かんだ矯正歯科のホームページです。
矯正治療についてご興味のある方はコチラをごらんください。
http://www.kanda-kyousei.com/

2015年1月 9日

1月に入り、南柏かんだ矯正歯科にて受験勉強をしながら矯正治療も頑張って行っているお子さんも本番の試験に突入しているようです。

通常矯正治療は月1回程度の調整でいらしていただいておりますが、もし試験と重なって来院が難しいようなら1~2か月矯正の来院はお休みして構いませんと受験生のお子さんとそのご家族の方にはお話しております。

矯正医とすると毎月しっかりいらしていただけると助かりますが、矯正治療と全力を注いできた受験勉強を考えるとやはり試験最優先だと思います。

もちろん矯正治療もなるべく遅れないよう特別にプランを考えて工夫していくようにしています。

すべてのお子さんが受験勉強をがんばった努力が報われますよう微力ながらサポートしていきます。
柏・流山・野田・松戸市での矯正治療についてはこちらもご覧くださいね。
http://www.kanda-kyousei.com/

受験生の皆さん体調だけには注意して100%の力を発揮してくださいね~
スタッフ一同応援しています!

2014年12月26日

「人前に立つ仕事なので目立たない矯正装置はありますか?」
と初診のカウンセリング時によくご質問を受けます。

南柏かんだ矯正歯科ではなるべく目立たない矯正装置を用いて矯正治療を
行っていけるようセラミックブラケットや透明感のあるサファイアブラケットも
従来の装置と合わせて採用しています。

91431_MKJ_kanda_ort_082514.jpg

歯とマッチングする自然な白さが魅力のセラミックブラケットです

91510_MKJ_kanda_ort_082514.jpg

宝石のような輝きと透明感のあるサファイアブラケットです。

歯にセラミックブラケットを装着した様子です。

IMG_2764cccc.JPG

従来の銀色のメタルブラケットに比べるとかなり目立たなく矯正治療を行うことができますよ。
南柏かんだ矯正歯科にいらしていただければ実際に矯正装置をお見せしそれぞれの装置の特徴についてお話できるかと思います。


千葉県柏市の目立たないセラミックブラケットによる歯列矯正についてはこちらもごらんください。 
http://www.kanda-kyousei.com/0510noticeable/

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
南柏かんだ矯正歯科 院長 神田尚治

南柏かんだ矯正歯科
院長 神田尚治

http://www.kanda-kyousei.com/

【経歴】
平成10年
東京医科歯科大学歯学部卒業
平成10年
東京医科歯科大学大学院
博士課程入学
顎顔面矯正学分野入局
平成14年
東京医科歯科大学大学院
博士課程修了
平成21年3月
南柏かんだ矯正歯科 開院

【資格】
歯科医師
歯学博士
日本矯正歯科学会認定医

【所属学会】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会