2010年3月17日 « トップへ » 2010年4月13日

2010年3月19日

食べやすいってこんなにおいしいんだ(Y.Hさん)

食べやすいってこんなにおいしいんだ(Y.Hさん)小さな頃から、イカもステーキも最後まで噛むことはできないモノと思っていました。前歯では噛み切れないので、大きなものは一気に口の中に入れ、奥歯でなんとか飲み込める大きさにくだいて食べていました。友達とクレープを食べに行っても薄いものは噛み切れずビロビロビロ・・・。

しかし治療が終わってからは何でもサクサク気持ち良く噛めるようになり、おいしさ倍増です。 食べやすいってこんなにおいしいんだ!と感動しています。

治療は最初は不安でしたが、治療が進んで噛みやすくなったり、歯並びがキレイになっていくのがうれしくて楽しみで、痛みも装置の不快感もがまんできました。気になっていた出っ歯もすっきり治って矯正治療をして本当に良かったです。

きれいになったこの歯を一生大切にしたいです。

●Y.H様、矯正治療終了おめでとうございます! Y.H様の咬み合わせは開咬といって上と下の前歯にすきまがあって、奥歯でしかかめない状態でしたね。なんでも美味しく食べられるという声を聞くと、私もとても幸せな気分になります。Y.H様のきれいな歯並びと美しい笑顔は一生の宝物ですね!

神田先生の励ましに支えられました(S.H)

神田先生の励ましに支えられました(S.H)終了した喜びというより、最後まで到達したという達成感の方が大きいと思います。

長い間、歯並びの悪いことに強いコンプレックスを持ち続けていました。この年令になって、今さら矯正をするということに、迷いはありましたが、決心して良かったと心から思っています。外見上のことばかりでなく、年令を重ねていく上で起こる体のゆがみなどに対しても、良い結果が出ることを感じています。

やらないであきらめるより、挑戦してみよう・・・と自分で決めました。 自分で決断したからには、挫折することなくやりとげたいと思いました。神田先生の励ましに支えられて、一応の区切りが向かえられた事を感謝しております。

●S.H様、矯正治療終了おめでとうございます! 本当によくがんばりましたね。S.H様の咬み合わせは側切歯という前から2番目の歯がほぼ1本分内側にあって、歯みがきがしづらい状態でしたが、きれいな歯並びになって本当によかったですね。S.H様のきれいな歯並びと素敵な笑顔でこれからもアクティブにいろいろなことにチャレンジしてくださいね。応援していますよ。

息子の笑った時のキレイな歯ならびに満足しています(Tさん)

息子の笑った時のキレイな歯ならびに満足しています(Tさん)息子の歯の咬み合せが気になり、先生にお世話になったのは、小学2年生の時でした。親切な細かい説明を受け始めたのですが、小学生の子供には、矯正は楽しいことではありません。その中、神田先生の優しい言葉・治療に息子は、先生にお会いするのを楽しみにしていたことを思い出します。

高校2年になった息子の笑った時のきれいな歯並びに、親として満足しています。ありがとうございました。

●K.T様、きれいな歯並びになって本当によかったですね。小学校から続けているバスケットボール、高校でもレギュラーで活躍されていると聞きました。初めてお会いした時はもちろんまだまだ小さかったですが、いつのまにか私よりも身長が高くなり、いまでは私が見上げるくらい大きくなりましたね。これからも目標に向かってがんばってくださいね。さらなる活躍期待していますよ。

写真に写った笑顔がきれいになったような気がします(匿名さん)

写真に写った笑顔がきれいになったような気がします(匿名さん)出っ歯が、ずっと気になっていましたが矯正器具を付けるのに抵抗がありましたが、実際付けてみると自分が思っていたよりも周りの人も気にしなかったので良かったです。

それよりも、矯正が終了して、本当にきれいな歯並びに嬉しく思っています。何よりも写真に写った笑顔がきれいになった気がします。

出来上がりも、前歯が強調されない、全体的に均等な歯並びだったので本当に良かったです。

●H.K様、矯正治療終了おめでとうございます! 社会人の方の矯正治療に際しては、なるべく目立たないことに細心の注意を払っておりますが、そう言っていただくと私もとてもうれしいです。H,K様のお姉様も私が矯正治療を担当させていただきましたが、お二人ともきれいな歯並びになって本当によかったですね!

結婚式も笑顔でむかえることができました(匿名さん)

結婚式も笑顔でむかえることができました(匿名さん)拝啓寒い日が続いておりますが風邪などひかれていませんか。手紙が遅くなりすみません。

このたびは大変お世話になりました。お蔭様で結婚式も笑顔でむかえることができました。無事に歯も整い見た目も変わりうれしく思っております。いつの間にか八重歯が横に動いていてびっくりしました。だんだん想像がつくと楽しくあっという間だった気がします。

矯正は長くお世話になるので歯科選びも慎重でした。こちらでお世話になる前、2件問い合わせしました。1件は電話応対が悪く、2件目は矯正の仕方が1つといった感じで私の器具が目立つのが嫌と言う話よりも、もうこれしかないという対応で何回か通い不安でやめました。

そういうこともあり神田先生に出会え安心しておまかせすることができました。技術はもちろんですが、患者とのコミュニケーションも大切だと思います。とても気を使って頂きありがとうございました。これからもそのままの神田先生で頑張って下さい。

大人の矯正について

大人の矯正について最近、「Hanako」をはじめとする雑誌などで、よく歯列矯正の特集が掲載されているのをご存知でしょうか?以前に比べて、矯正治療はずいぶんと身近なものになりました。

ここ数年ではビジネスチャンスをつかむため、ビジネスマンの男性の間でも定着しつつあります。このページでは、「大人の矯正」の最新事情をご紹介します。

>>20代からの矯正治療~就職や結婚など大きなイベントの前に
>>30代からの矯正治療~余裕のできた今がチャンスです
>>40代・50代の矯正治療~アンチエイジングに
>>男性の矯正ガイド

20代からの矯正治療~就職や結婚など大きなイベントの前に

20代からの矯正治療~就職や結婚など大きなイベントの前に20代は就職や結婚など、人生のなかでも大きな変化のある時期です。最近は、大切な行事に合わせてエステ感覚で矯正治療を行う方が多くなっています。

少し想像してみてください。きれいな歯並びと輝く笑顔は、就職活動でもその人の魅力をさらに引き出してくれます。一生に一度の結婚式では、輝く最高の笑顔でさらに素晴らしいものにしてくれます。多くの方が、ダイエットに励んだり、エステに通ったりする感覚で矯正治療を受けていらっしゃいます。

あるアンケートで、相手の印象や表情を決めるのはどこですか?という問いに対し、1番多かった回答は「目」、2番目に多かったのが「口元」でした。きれいな歯並びと笑顔は、一瞬でその人の印象を変えます。ある意味では「エステ」や「ダイエット」以上に、魅力をさらに引き出してくれるのが「矯正治療」なのです。

当院では、「装置が目立つのがイヤ」という方のために、白く目立たない装置や、裏側からつける矯正装置もご用意しています。ぜひ一度ご相談ください。

30代からの矯正治療~余裕のできた今がチャンスです

30代からの矯正治療~余裕のできた今がチャンスですある調査によると、自分の歯並びをきれいにしたいと思っている人の中で、30代の女性が最も多く全体の74.4%という結果でした。

最近では、30代になってから矯正治療を始める方も、たくさんいらっしゃいます。その多くの方が、子育てや仕事を続けながらの治療です。「子供の幼稚園や小学校の受験の面接までに自分の歯並びをきれいにしたい」というママさん、「20代の時は仕事をおぼえるので精一杯だったけど、今は少し余裕がでてきたので前から気になっていた自分の歯並びを治したい」という女性の声を多く聞きます。

当院では、キッズスペースを完備。毎回小さいお子さん連れでいらしていただいても全く問題ございません。診療中もスタッフがお子さんをサポートしておりますのでご安心ください。また、お仕事で忙しい女性のために平日は夜9時まで、土日も診療を行っております。どうぞ、ライフスタイルに合わせて治療を受けてください。

40代・50代の矯正治療~アンチエイジングに

30代からの矯正治療~余裕のできた今がチャンスです矯正は、子供や若者だけのものだと思っていませんか?そんなことはありません。最近、40代・50代で矯正治療を始められる方も増えています。当院にも、最高68歳の方が矯正治療を受けていらっしゃいます。

子育ても落ち着き、習い事などを始めたり、新たな友好関係ができたりと自分の世界を広げていく時期、それとともに「見た目」が気になりだしませんか?「はじめはこの年で矯正治療なんて......と思いましたが、今は本当に矯正治療をして良かったと思います。あの時先生に背中を押してもらって矯正治療を始めなければ今の私はなかったかも」と、先日、こんな声をいただきました。

時間的に余裕のあるこの時期は矯正治療を始めるには良いチャンスなのかもしれませんね。

●矯正は、そのまま健康にも繋がります
矯正治療をすることで、上下の歯の咬み合わせが正しくなります。咬み合わせが正しくなると、虫歯・歯周病などを予防することもできるのです。また、モノをシッカリ噛めるようになるため、消化も良くなり、そのまま健康に繋がります。

また、矯正治療によって咬み合わせを正しい位置に導くことで、肩こり・頭痛・腰痛といった体調不良を多くの方が解消・軽減されています。健康な身体を手に入れられる矯正は、一種のアンチエイジングでもあるのです。


●矯正治療とタイアップすることで、歯科治療の幅が広がる
「虫歯によって奥の歯を2本抜いて、入れ歯になりました。でもなかなかなじめなくて......」という方が相談にいらっしゃいました。

その方は矯正治療で歯並びを正しい位置に移動させることで、2本分のすきまは1本分に。その後治療を検討していたインプラントは2本ではなく、1本で十分になりました。治療の本数が減り、経済的にも楽になったと聞きました。

矯正治療とタイアップすることで歯科治療の選択肢は広がり、入れ歯が必要なくなったり、差し歯の本数が減ったりします。その分差し歯を美しい白い歯にしたり、ホワイトニングなどのデンタルエステに力をいれる方も増えています。

男性の矯正ガイド

男性の矯正ガイド矯正歯科治療は、子供や女性だけが行うものだと思ってはいませんか?そんなことはありません。ここ2、3年前から、20代・30代の男性で矯正治療を始める方は増えています。

「いい企業に就職したいので就活までにきれいな歯並びになりたい」「最近外資系企業とのタイアップが多く、一緒に仕事をしている外国人から歯並びの悪さを指摘された」などビジネスチャンスのために矯正治療をされている方が多いようです。

日本臨床矯正歯科学会の調査では歯並びは第一印象を左右すると答えた人が71%にのぼることが報告されています。きれいな歯並びからうまれる爽やかな笑顔は、ビジネス・婚カツにおいても相手に好印象を与えることができるでしょう。

当院ではなるべく目立たない白い装置や、裏側からの装置をご用意しています。営業や接客業などの方も、人目を気にすることなく、矯正にトライできます。

子供の矯正について

子供の矯正について

「大人の歯が生えてきたら受け口になってきた...」「上の前歯が出ているので、口を閉じられず、いつも前歯が見えている」――お子さんの歯並びについてお悩みのお母さんはいませんか?このページでは、お子さんの矯正の大切さや進め方についてご紹介します。

>>小児矯正はなぜ大切なの?
>>子供のうちからの矯正をオススメする理由
>>いつから治療を始めたらいいのだろう?
>>3~6才の矯正治療
>>7~10才の矯正治療
>>11〜18才の矯正治療

小児矯正はなぜ大切なの?

小児矯正はなぜ大切なの?小さなお子さんをお持ちのお母さん、お子さんの歯並びでお悩みではありませんか?実は、悪い歯並びをそのままにしておくと、多くのデメリットが生じてしまいます。

たとえば、歯みがきがしづらく、磨いているつもりでも、虫歯や歯周病になりやすくなります。また、舌の位置がずれて発音がしづらくなります。きちんと咬み合わせることができず、食べ物をよく噛めないといった問題も起こります。

ほかにも、咬み合わせからあごや肩の筋肉バランスが崩れ、肩こり・頭痛が生じたり、見た目を気にして、何事にも消極的で、ふさぎこんでしまった子も少なくありません。

子供のうちからの矯正をオススメする理由

子供のうちからの矯正をオススメする理由矯正治療を行うことで、見た目の審美面と咬み合わせの機能面の両方正しく改善することができ、下記のようないいことがあります。

●話す
きれいな歯並びと正しい咬み合わせにより、舌の動きもスムーズに。これから必需となる英語の発音もきれいになります。

●しっかり食べる
しっかりかむことができるので、唾液の分泌を促し、消化と吸収を向上させ、健康力も高まります。

●脳の働きが活発になる
しっかりかむことができるので、脳が刺激を受け、活発に。知能の発達が促され、考える力がアップします。

●見た目の印象をアップさせる
きれいな歯並びと輝く笑顔は相手に好印象を与え、自分の自信につながります。

●性格が明るくなる
はじめはふし目がちで引っ込み思案だった女の子が矯正治療をして、今では大学でダンスサークルに入りみんなの前で踊っている時が一番楽しいと答えてくれました。あの目の輝きと明るい性格は他人にも力を与えてくれるなと感じました。

いつから治療を始めたらいいのだろう?

「子供の矯正っていつから始めたらいいの?」よく、お母さんからこんな質問をいただきます。そんな時、「永久歯の前歯と奥歯が生えてくる7歳前後で一度矯正専門医にみてもらうといいですよ」と私は答えています。

とはいえ、指しゃぶりなどがやめられなく、受け口や上下の歯でモノが噛めなくなっているお子さんは3~4歳くらいから始めた方がよい場合もあります。骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和が更に大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまうからです。

もし、お子さんの歯並びが気になれば、いちど矯正専門医院を訪ねてみてはいかがでしょうか。

3~6才の矯正治療

3~6才の矯正治療●受け口の治療
「ムーシールド」とよばれる装置を使います。ムーシールドを使うことで、永久歯が生えるまで待つことなく、3才くらいのお子さんでも受け口の矯正治療ができます。

使い方は、寝ているときにマウスピース型の装置をくわえるだけ。幼いお子さんにも負担が小さく、1年間程度で治療することができます。ほとんど痛みを感じることもありません。

●前歯が閉じない歯並び(開咬:かいこう)の治療
「前歯が閉じない」と指摘されたお子さんのなかで、指しゃぶりや、「舌が歯と歯の間に収まっている」ような舌癖はありませんか?

2~3才頃までの指しゃぶりは生理的なものですが、4~5才以降も継続している場合、悪い歯並びの原因となる可能性があります。こんなケースでは、舌と口の周りの筋肉を鍛えて、指しゃぶりや舌癖を治すトレーニングすることで、改善していく方法があります。

7~10才の矯正治療

7~10才の矯正治療永久歯の前歯と奥歯がはえそろう7才くらいからが治療の最適な時期です。歯並びのことで何かお気づきの点や、歯科検診で指摘されたことがありましたら、まずは矯正歯科専門医院に相談することをオススメします。

当院では「頭部X線規格写真(セファロ)」と呼ばれる、高度なレントゲン写真を撮影。お子さんのあごの状態を正確に知ることができるため、治療が必要かどうかや、スタートの時期を的確に知ることができます。

治療期間は、治療内容によりますが、おおよそ1年~1年半。お子さんにとって、ベストな開始時期をみきわめることが大切です。

もちろん、すべて永久歯に生えかわってからでも治療は可能です。しかし、7~10才の時期に行うことで、あごの骨格的なバランスを整えることができます。

成長が終わってからの骨格の改善は困難です。この時期の矯正治療をしっかり行うことで、将来的に歯を抜かないで矯正治療を行える可能性が高くなるのです。

11〜18才の矯正治療

11〜18才の矯正治療この時期になると、ほぼ永久歯に生えかわっています。大人の成人矯正と同様、歯にブラケット(皆さんおなじみの装置)とワイヤーを付け、でこぼこを治していきます。

「治療中の見た目が気なって...」というお子さんには、目立たない白い装置や、歯の裏側から付ける装置もご用意。一人ひとりのご希望にあった装置をお選びし、楽しんで矯正治療を行えるよう工夫しています。

また、この時期は部活動・習い事・塾で忙しいお子さんもいらっしゃることでしょう。当院では、平日は夜9時まで、土日も診療を行っておりますので、忙しいお子さんも通いやすいと評判です。決まった休診日も設けておりませんので、進級や進学・習い事・部活の曜日が変わっても、不自由なく通院することができます。


2010年3月17日 « トップへ » 2010年4月13日


コールバック予約