トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 患者さんのためにも治療期間は出来る限り短くしたい

患者さんのためにも治療期間は出来る限り短くしたい

短期集中で、できるだけ治療期間は短く矯正は少しずつ歯を動かしていく治療ですから、治療にはある程度の年数がかかってしまいます。

とはいえ、何年も治療中でいることは、患者さんにとって大きな精神的負担ですよね。装置をつけていると、どうしても不便なことも多いわけです。じっさい、その不自由さから治療途中で断念してしまう方も少なくありません。

そういう事にならないためにも、当院ではできるだけ治療期間を短く終われるように心がけています。

たとえば、最も効率のいい治療計画のご提案をすることは当たり前です。月一回のメインテナンスでは、歯にかける力を細かく調整します。毎回100%の力を出し切り、患者さんの矯正治療を効率よくゴールまで導くように心がけております。コツコツとした日々の積み重ねが、大きな変化につながるわけですね。

何かと不便なことが多い矯正治療。「患者さんの負担を少しでも減らしたい」そんな思いから治療期間を出来る限り短期にできるように心がけています。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 患者さんのためにも治療期間は出来る限り短くしたい


コールバック予約