トップへ » 歯科矯正とは? » 子供の矯正ガイド » 7~10才の矯正治療

7~10才の矯正治療

7~10才の矯正治療永久歯の前歯と奥歯がはえそろう7才くらいからが治療の最適な時期です。歯並びのことで何かお気づきの点や、歯科検診で指摘されたことがありましたら、まずは矯正歯科専門医院に相談することをオススメします。

当院では「頭部X線規格写真(セファロ)」と呼ばれる、高度なレントゲン写真を撮影。お子さんのあごの状態を正確に知ることができるため、治療が必要かどうかや、スタートの時期を的確に知ることができます。

治療期間は、治療内容によりますが、おおよそ1年~1年半。お子さんにとって、ベストな開始時期をみきわめることが大切です。

もちろん、すべて永久歯に生えかわってからでも治療は可能です。しかし、7~10才の時期に行うことで、あごの骨格的なバランスを整えることができます。

成長が終わってからの骨格の改善は困難です。この時期の矯正治療をしっかり行うことで、将来的に歯を抜かないで矯正治療を行える可能性が高くなるのです。


トップへ » 歯科矯正とは? » 子供の矯正ガイド » 7~10才の矯正治療


コールバック予約