トップへ » 歯科矯正とは? » 学会認定/認定医

知っていますか?矯正医の選び方

「矯正歯科」であれば、どこでも同じ――そう考えている方はいらっしゃいませんか?いえいえ、もちろんそんなことはありません。料理人さんや職人さんと同じように、矯正治療にも先生によって大きくレベルの差があります。

そこで矯正医を選ぶ際の判断基準のひとつに、日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある矯正学会)が認める"認定医制度"があります。認定医には高い基準が要求され、相当の治療キャリアと数多くの症例数が必要とされています。

※認定医資格取得の条件とは?
認定医の資格を得ようとする者は、学会に申請し学会認定医委員会の審査に合格しなければならない。認定医の申請は、次の各号を満たす者に限られる。

1.歯科医師免許を有する者
2.歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者
3.学会指定研修機関における矯正歯科基本研修およびその期間を含めて、5年以上にわたり矯正歯科臨床研修を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者
4.学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表した者
5.学会倫理規定を遵守する者

治療のクオリティを維持するために

治療のクオリティを維持するためにインターネットやパソコンと同じように、歯科技術も日進月歩。ひとつの方法ですべての治療をカバーすることはできません。 専門学会に参加したり学術雑誌を購読したりして、 新しい技術や素材を吸収消化し、自らの目で見極めながら治療を行っていくことは、非常に大切なことです。

当院の院長は東京医科歯科大学で歯科治療を学び、博士号を取得しました。とはいえ、資格は資格。自動車の免許のように一度取れてしまえば良いというものではあってはなりません。ですから現在でも、勉強会や講習会に定期的に参加し専門知識を高め続けています。

高品質な治療を提供し続けるために、自ら治療の品質をしっかりと管理。すべての患者さんから信頼される治療を目指しています。

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 歯科矯正とは? » 学会認定/認定医


コールバック予約